自分のほくろ位置を知っていますか?手相の意味がガラッと変わる

手首から占い結果がわかる

手首は親や先祖をあらわす

占い師

手相占いには、手首にあるほくろも対象として鑑定できます。
手首にあるほくろは地丘と呼び、この部分には数本の手首線が見られます。
手首のほくろには手のひらと同じく意味を持ちます。
この部分にほくろがある人は、その手相の意味を把握してみるとそれまでの見方も変わってくるようになるでしょう。
地丘にあるほくろの手相は、親との縁が薄いという意味を持ちます。
親の縁が薄い意味には、単に親がいなかったり仲が悪いだけではありません。
親や先祖によって迷惑をかけられてしまう可能性があったり、遺伝性の病気も考えられます。
このような傾向には、親に頼れない支障も出やすくなります。
したがって、これらの意味に当てはまるような人は、親に頼らず努力を積み重ねていく必要も出てきます。
しかし、親の力に頼ってばかりの人と比べて、自分の努力で頑張ってきた人には、精神的にも肉体的にも大きく成長していくようになるでしょう。
反対に、手首に山の形をした手首線が見られる人は、親や先祖に恵まれる場合が多いです。
この山の形をした手首線を土台線と言い、しっかりとした三角形のような形であることが条件です。
土台線があるということは、土台が根付いている証拠でもあります。
土台が根付いている意味は、先祖のルーツがあらわれている証拠と捉えられます。
そのルーツの恩恵をあやかりやすい手相となるので、土台線があれば非常にラッキーです。
土台線が確認できた人は、先祖などのルーツを把握したうえで、感謝の気持ちを持つことも大切です。

場所によって意外な意味が

手相

絶対に成功したい何かがあるとき、今後が不安になってしまったときなど、人々は占いに頼る傾向があります。
占いは昔から伝えられてきたいわば伝統的なものです。
例え占いに興味が無いという人でも、朝のテレビで自分の星座占いが良いと知り、自然と少し晴れやかな気分になったという経験がある人もいるのではないでしょうか。
代表的な占いのひとつに手相占いがあります。
手相は人によってまったく別物であり、さらに年月や経験を経ることによって少しずつ変化するともいわれています。
手相は人を映す鏡という言葉もあるほど、占いにとって多くの判断材料が隠されているものなのです。
一般的に手相占いは手の大きさや形、線の濃さや長さなどを見て占っていきます。
さらに、紋と呼ばれる特殊な形によって大きく変わるとされており、星紋や魚紋などがその代表例です。
手相占いに大きくかかわる紋のひとつにほくろがあります。
ほくろは黒子紋と呼ばれています。
ほくろは身体中のどの部位にもあらわれることがありますが、こと手のひらに表れた場合大きな意味があるととらえる占い師の方もいます。
特に生命線や環状線など、手相占いをする上で大切な線の上にできたほくろは重要視されます。
また、ほくろ単体でも意味があるとされています。
手のひらを10以上の部位に分け、ほくろの位置によって意味をなすということです。
素人でもある程度の話の種になる可能性があるため、一度調べてみても良いかもしれません。

自分の身体で占いをする

石

人は昔から、困ったことや悩み事がある時に、解決の糸口として様々な占いを求めてきました。
昨今もスピリチュアルという言葉がメジャーになり、女性を中心に占いは大人気です。
中でも、人気の一つに手相のほくろで占うといった方法があります。
ほくろは誰でも目で見てすぐわかるものです。
その位置や種類によって、吉や凶のものかが判断されます。
よくあるほくろの占いは、人相学の時に使われています。
その人の性質やかかりやすい病気、健康面で気を付けた方がよい事などが占われます。
一方で、昨今注目を浴びているのが、手相ほくろ占いです。
手のひらにある人は、さほど多くないのではないでしょうか。
中でも、強運といわれるものの特徴として、はっきりとした濃い艶のある黒色のものは、活力がみなぎるイメージで一般的に良いほくろと言われています。
また、手のひらにあること自体が、非常に珍しいということからか、大幸運といって、主に金運がよいということもいわれています。
手相は線が見づらかったり、複雑で、自分で占うにはハードルが高くても、手のひらのほくろはわかりやすいため、人気なのではないでしょうか。
ただし、できる位置によっては、気を付けた方がよい、といった忠告のようなメッセージがあるといわれています。
一般的にはなかなかほくろが出来づらい手のひらに見つけた時には、是非手相ほくろ占いで、どのようなメッセージかを調べてみると、今後の自分の運勢を開くヒントになるかもしれません。

手首から占い結果がわかる

占い師

手相の範囲は手首にもあり、この部分は親や先祖を意味します。その部分にほくろがあれば、親や先祖との縁が薄いと判断されます。逆に山の形をした土台線が手首にあれば、親や先祖との縁が深いために恵まれていると判断できます。

もっと読む

手に現れる相の不思議

レディ

手相では、一般的に右手と左手の解釈が若干異なります。多くの占い師は、右手が後天的な運勢、左手が先天的な運勢と解釈して手相を読み解きます。手のひらのほくろの場合も、このような解釈に基づいて判断が行われます。

もっと読む

手のひらで運命がわかる

占い師

手相のほくろ占いは最近女性に人気になっています。それぞれの指の下の丘の部分にあるほくろはその人の性格などを表します。これを自覚することでトラブルを防ぎ物事を好転させます。占い師は、ほくろと手相の線などと総合的に判断して占います。

もっと読む